オンライン開催

DX時代
企業の人材育成・活用学校教育

【官公庁事例】
Zoom×LMSで実現する講習運営

文部科学省 国立教育政策研究所
社会教育実践研究センター

企画課普及・調査係長 吉谷 正

株式会社ネットラーニング

教育事業部

濱永 匠

講演概要

「社会教育主事講習」は、社会教育主事となりうる資格の付与及び社会教育に携わる専門的職員等の資質向上を目的として、文部科学省より委嘱を受け、国立教育政策研究所社会教育実践研究センターで実施しています。本セミナーでは、令和4年度に新型コロナウイルス感染症拡大の影響から対面からオンライン形式への研修方法を切り替えたことに伴って発生した課題や、それを解決したネットラーニングのプラットフォームの学習管理機能および運営サポートのポイントを、同センター企画課普及・調査係長 吉谷様をお招きして、対談形式でご紹介いたします。教育DXを進める上において数多くのヒントが得られる本セミナーにぜひご参加ください。

スケジュール

7月21日(木)15:00~15:40

講演申し込みを締め切りました

登壇者紹介

文部科学省 国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター

企画課普及・調査係長 吉谷 正

政府系金融機関において、企業向け融資等を担当後、平成6年に情報システム部に異動し、業務システムの開発・調達・プロジェクト管理、政府系3機関のシステム統合等経験、19年間勤務。資格試験の立上げや生命保険会社勤務を経て、平成23年に文部科学省に入省。共済事業の認可・監督業務に9年間担当。令和2年に現在の国立教育政策研究所社会教育実践研究センターに異動し、社会教育主事講習等の運営を担当。

株式会社ネットラーニング

教育事業部 濱永 匠

2019年新卒でネットラーニングに入社後、ソリューション営業本部にて営業サポート業務に従事、2020年より教育事業部営業チームに配属。eラーニング×オンライン研修×対面研修を組み合わせた複合的な研修運営の提案実績が多く、主に官公庁・大学を中心に担当をしている。