オンライン開催

DX時代
企業の人材育成・活用学校教育

基調講演

つなげる力・あやつる力で
実現する日鉄DX

日本製鉄株式会社

デジタル改革推進部

上席主幹 佐々木 智之

講演概要

複雑で巨大な鉄鋼製造プロセスにおいてはビッグデータ活用が競争力を左右します。当社は1960年代から製造のデジタル化、各種業務のシステム化を進めており、貴重なデータ資産があるのが強みです。全社のデータをつなげ、あやつることで意思決定の迅速化、課題解決力の抜本的強化の実現を目指し取り組んでおります。 DXを推進する為には各種施策を企画・実行していく人材がどの職場にも必要です。データを基軸に業務課題を解決できる人材を「DX人材」と定義し、「データサイエンス」と「デジタルマネジメント」の2軸での人材育成を推進しております。日鉄DXおよびDX人材育成の取組について紹介いたします。

スケジュール

7月21日(木)14:00~14:50

講演申し込みを締め切りました

登壇者紹介

日本製鉄株式会社

デジタル改革推進部 上席主幹 佐々木 智之

東北大学大学院工学研究科修士課程修了。2006年新日本製鐵株式会社入社。製鋼プロセスにおける技術開発、エンジニアリング業務を行い、その後、製造管理・業務改革推進を担当。2020年10月より現職。生産プロセス改革を中心にスタッフ生産性向上、DX人材育成に従事。