オンライン開催

DX時代
企業の人材育成・活用学校教育

高等教育のDX改革と
オープンな学習資源の活用

北海道大学 情報基盤センター

准教授 重田 勝介

特定非営利活動法人 Asuka Academy

理事長 岸田 徹

講演概要

国外および国内における高等教育のなかで、DX改革がどのように行われており、今後どうなっていくのか。また、グローバルにおける一大潮流である、「オープンな学習資源(OER)」は、DXの中でどのように利活用されていくのか。教育のDX改革に深く関わり、グローバルなオープンエデュケーション、さらに地域との学習連携(学習コンテンツや教授法の提供)にも中心的な役割を果たされている北海道大学准教授 重田勝介先生をお迎えして、デジタルとオープンネスを活かした学びの今後についてご紹介いたします。

スケジュール

7月20日(水)12:00~12:40

講演申し込みを締め切りました

登壇者紹介

北海道大学 情報基盤センター

准教授 重田 勝介

北海道大学情報基盤センター准教授。Asuka Academy 理事。高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター副センター長。大阪大学大学院卒(博士 人間科学)。東京大学助教、UC Berkeley Educational Technology Services 客員研究員をへて現職。研究分野は教育工学・オープンエデュケーション。

特定非営利活動法人 Asuka Academy

理事長 岸田 徹

東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。出版社、セコム新事業開発室長、セコムラインズ社長などを経て1998年1月、株式会社ネットラーニング創立。国内外にグループ企業5社、中国に合弁会社を有する。(一社)日本IMS協会の理事会副理事長、(一財)オープンバッジ・ネットワーク代表理事長、(一社)日本オンライン教育産業協会の代表理事会長、(一社)日本オンライン講師協会の代表理事、Asia EdTech Summitの国際委員会議長ならびに日本委員会議長。